丹波市水害惨状 各地に広がる 

名刹石像寺に土石流 本堂や庭園にうず高く
名園で知られる名刹、 石像寺 (市島町中竹田) では裏手の山が崩れ、 土石流が本堂や庭園を襲った。

本堂や庭園などには土砂がうず高く積もり、 最大で2㍍ほどの高さに達した。 重森三玲の作として名高い庭園 「四神相応の庭」 も見る影がなかった。
佐久間正昭住職の妻、 千佐子さん (64) によると、 17日午前3時ごろ、 消防署に連絡。 本堂を見に行くと、 土石流が流れ込んでおり、 「足がすくんだ」 という。
「土石流が流れ込む前、 土のにおいが漂ってきて、 ひょっとしたら土砂崩れがあるかもと思ったのですが、 まさかここまでとは。 夜は、 雨の音や岩の音、 木がミシッミシッとする音におびえていました」 と話していた。

続く 丹波新聞  2014.8.21

コメント:昨日話には聞いていたが、これはヒドイ!石庭の美しい寺で、裏山には巨大な磐座もある。今後も大雨が降り続くことがあらば、その磐座が危ない、とも聞かされた。
丹波で災害ボランティアの募集をしたことはかつてないかったことだろうが、いま若い人たちを中心にその動きが活発化しているようだ。先ほども「どこそこに行ってきたところです」と篠山の青年から電話があった。