またしても「観測史上最大級」・・・ノアの箱舟も想像する大雨

昨夜はまさに天が落ちてきそうな激しい雨。夕方からずっと降り続き、バケツをひっくりかえすといった表現ではとても間に合わない。

雷鳴もとどろき、数分間の停電もあった。この調子で1週間降り続けたら、ノアの箱舟も現実になる、などと考えていた。その前に裏山のがけ崩れが起こるだろう・・・。

一夜あけて、山から用水路に流れこむ激しい水音が一日中(夜になった今も)続いている。先々週の大雨もひどかったが、一時に降った雨量は昨夜のほうが圧倒的に多いだろう。
昼過ぎに宝塚に行く用事があり、春日インターから若狭舞鶴道に入るとき、福知山方面は通行止めと聞いた。被害状況のわからないまま大阪方面を走る。丹波はまだ曇り空だったが、篠山を過ぎたあたりから明るく晴れてきた。
20時頃、帰宅する途中、藤田農園の藤田さんから携帯に電話があった。
「床上浸水で、出荷予定の米の一部もやられてしまった。あわてて2階に持って上った米は助かりましたけど。田舎元気本舗のお客さんには2~3日出荷が遅れるかもしれないと連絡をお願いします」
「わかりました。それで、田んぼのほうは大丈夫?」
「車も浸水して動きがとれん。まぁ、だいじょうぶでしょう」
落ち込んでいるのだろうが、いつものように笑いながら冷静な声だった。自宅のある福知山の中心市街地が広く冠水したというから、慰めようの言葉もでない。
丹波は自然災害の比較的少ない地域だが、「観測史上最大級」の気候変化がきているようだ。
朝からTVニュースを見る間もなかったので、ネットで見てみると、なんとまぁ、想像以上の大被害だ。(2014.8.17)

以下、yahooニュース(産経新聞より)
京都・福知山で記録的大雨 土砂崩れで負傷、ボートで住民救出…
京都府北部は前線に伴う大雨が17日も降り、福知山市で24時間雨量が300ミリを超えて観測史上最多となるなど、各地で記録的な大雨となった。市全域の3万5774世帯8万860人に避難勧告が出たほか、由良川流域の綾部市、舞鶴市などが避難指示や避難勧告を出した。福知山市は中心市街地が広範囲で冠水し、派遣された自衛隊員らが救助活動にあたった。土砂崩れも複数カ所で発生し、住宅に流れ込んだ土砂で市内の女性が軽傷を負った。

 福知山市によると、17日午前3時半ごろ、聖佳町の76歳の女性宅に土砂が流入。寝ていた女性が頭部にけがを負った。岡ノ地区でも土砂が崩れ、民家7軒に流れ込んだが、けが人はいなかった。また記録的な豪雨で市街地の広いエリアが冠水し、一時、約190世帯約460人が避難した。
続き yahooニュース(産経新聞より)