舶来食品を捨て「郷土料理」へ、西側制裁に対するロシア流の報復

8月6日に出された大統領令に従い、ロシア政府はむこう1年間、EU、米国、豪州、カナダ、ノルウェーからの食肉、魚、乳製品、果実、野菜の禁輸措置を発動した。

食料品輸入の圧力に疲弊しきったロシアの生産者らはこの措置を歓迎した。
ロシアの農産品に対する「制裁対抗措置」にひっかかったのは、これまでに差別的な対露制裁を導入した諸国。ロシアへの制限を強いたEUおよび米国はウクライナ危機にかこつけて、全く根拠のない圧力をかけている。

続き ロシアの声(ラジオ)