丹波発: クマの足跡点々と  田の泥でスタンプ 市島・下鴨阪

丹波市は7月1日、 市島町下鴨阪でツキノワグマの足跡 (幅12センチ) が見つかったと発表した。

田んぼの中を歩いた後、 アスファルトの道路を約40メートルほど歩いており、 足の裏についた泥がスタンプのように、 点々と道路に残っている。
近くに住む男性によると、 6月末に見慣れぬ足跡を見つけ不審に思っていたところ、 月末の常会で 「クマじゃないか」 と話題になり、 市が知るところとなったという。
県森林動物研究センター (青垣町沢野) の横山真弓主任研究員によると、 クマは夏と秋の年2回行動のピークがあり、 夏は繁殖行動。 メスを求めるオスがうろうろする時期という。
「幅が12センチだとすると、 オスの成獣の可能性が高い。 今年は5月下旬から活動が活発化、 7月中旬まで出没が続くだろう」 と話している。

丹波新聞より 2014年07月03日

コメント:ここは毎月水汲みにいく○○山の麓村。10キロは離れているから、我が家の近くで出没する可能性は極めてうすい。でも「メスを求めるオス」の情熱があれば・・・?。