高齢者向けの食事を3Dプリンタで作成へ EUが狙う“生活の質の改善”とは

人は年齢が進むにつれ、個人に合わせた食事が必要になる。50歳以上では15-25%で呑み込みが悪くなり、その結果食事の量が減り、栄養状態が悪くなる。


EU諸国では2025年には5人に一人が65歳以上になると予想されている。この急速な高齢化に対応するため、EUは高齢者に最適な食事を提供するための3Dプリンターの開発に着手、このプロジェクトをPERFORMANCEと名付け、400万ドルを投資した。
【PERFORMANCEとは】
PERFORMANCEとは「高齢者の栄養摂取に対応し、短時間で製造できる、個人にあわせた食事を製造する」プロジェクトの意味である。

続き NewSphere

コメント:こんなところにも3D技術とは驚き! 個人に合わせたメニューというけど、鳥の餌のようでまずそうだなぁ。

知恵クリップ <http://chieclip.com/
clipped by 神宮司信也< http://chieclip.com/userinfo.php?uid=5.