丹波発: 「環境すごろく」試作 「楽しみながら学ぼう」 環境みらい会議

「環境すごろく」 のゲームシートは、 A2サイズのカラー刷り。 小さな子どもでも楽しめるよう分かりやすいルールにし、 シートにはかわいらしいイラストをふんだんに描いている。


2010年策定の 「篠山市環境基本計画」 を市と協力して推進している市民団体 「篠山環境みらい会議」 (田井彰人会長) が、 子どもらに楽しみながら環境について学んでもらおうと、 「環境すごろく」 の試作品を作った。 環境に配慮した生活や、 再生可能エネルギーなどについて、 遊びながら学べるよう、 ゲームのルールを設定している。 今後、 試作品を市内の児童クラブなどに配布。 モニターとして遊んでもらい、 得られた意見や要望をもとに改良を加え、 今夏の完成を目指す。

続き 丹波新聞 2014年04月17日