高知県土佐清水市で高齢者を見守り地産地消の弁当配食が好評

60~80代の住民女性10人が調理グループとして「花の会」(弘畑真百合代表)を結成した。


高知県土佐清水市下川口の住民グループと土佐清水市のNPO法人が連携し、下川口地区住民向けに今年1月から始めた弁当の配食サービスが好評だ。月1回だが、独り暮らしの高齢者らの見守り活動や住民間の交流、地産地消にもつながっており、関係者は「長く続けていきたい」と張り切っている

 沿岸部の下川口地区は人口496人で、3月末の高齢化率は49・1%。土佐清水市平均41・9%を7ポイント以上上回る。
続き 高知新聞 2014年04月12日08時09分