県、投稿サイト「クックパッド」に自治体初の公式ページ 埼玉の料理発信

県は、日本最大の料理レシピ投稿サイト「クックパッド」に埼玉ならではの食を発信する公式ページを開設した。

郷土料理や県産食材を使った給食メニューなどを「埼玉県のキッチン」として紹介。1500万~2千万人の利用者がいるというインターネットサイトを通じて、県は「埼玉の新たな魅力を伝えることができれば」と話している。

 クックパッドに自治体が公式ページを開設したのは初めて。第1弾として紹介しているのは、秩父地域の郷土料理「かてめし」と加須市のB級グルメ「肉みそうどん」をベースにした「野菜たっぷり黒豚肉みそうどん」。

 かてめしは、季節の野菜を使った混ぜご飯で秩父地域に古くから伝わる。
かてめしの「かて」には「かさを増す」という意味があり、米が貴重だった頃、米のかさ増しをするため、野菜の煮物をご飯に混ぜたのが始まり」との由来を紹介。干しシイタケやニンジン、ゴボウなどの必要な食材とともに作り方を掲載している。

続き 埼玉新聞

COOKPAD
COOKPAD「埼玉県のレシピ38品」