「モンキードッグ」認定へ 農作物に被害与えるサル追い払う

サルを追い払う犬 「モンキードッグ」 として活躍できるよう、 今年度、 訓練を受けてきた5匹の犬の最終テストが3月25日、 篠山市内5カ所で行われ、

審査員が訓練の成果をチェックした。 モンキードッグとして認定できるかどうかを検討し、 今月中に認定書の交付式を行う予定。 篠山市は、 深刻化するサルの農作物被害を軽減しようと、 2010年度からモンキードッグを育成しており、 これまでにラブラドール・レトリバーや柴犬など、 認定を受けた20匹が市内各地で活躍している。
今年度は7匹が訓練候補犬としてエントリーし、 そのうちの5匹が適性テストをクリア。 6月から、 飼い主とともに、 犬の訓練士やトレーナーによる指導のもと、 服従、 追い払いなど、 度重なるトレーニングに精を出してきた。 最終テストは今田町辰巳、 岩崎、 垣屋、 石住、 東木之部の5集落で行なわれた。
今田町辰巳でテストを受けたのは、 藤原竜治さん (41) =同町下小野原=と、 愛犬のドーベルマン、 キャサリン (メス、 6歳)。 市職員をはじめ、 訓練士やトレーナー、 森林動物研究センターの職員ら5人が審査員として立会い、 実際の活動現場となる山の中でテストを行った。

続き 丹波新聞より 2014年04月03日