地域FM 11月開局へ 運営協力者募る NPOがPRイベント

市民参加型番組をめざし、 災害時には市民の安全を守るための情報を発信する。


NPO法人たんばコミュニティネットワーク (足立宣孝理事長) が、 地域FMラジオ局の11月開局をめざし、 放送番組の企画提案、 パーソナリティ、 放送技術、 音楽素材の提供など、 ボランティアでの運営協力者を募っている。 2日にゆめタウンで、 模擬スタジオを開設し、 地域FMをPRするイベントを開いた。
当初、 株式会社 「ご近所」 を設立し、 FM局を開く予定だったが、 資金面で課題があったことと、 より公益性の高いNPO法人での運営を選び、 昨年12月に同法人を設立。 理事らの寄付金や貸付などで、 初期投資約2000万円を工面する。
インターネット網を利用して氷上町の安全山頂にある送信機へ送り、 そこから発信される。 氷上、 柏原、 春日を中心に、 丹波市内の約60%の範囲で放送が聴けるという。 4月に総務省へ開局申請を提出する。
市民参加型番組をめざし、 災害時には市民の安全を守るための情報を発信する。 当面は、 足立理事長 (61) =氷上町市辺=の自宅横にある倉庫にスタジオを設ける。 午前7時―午後10時まで番組を組み、 午後10時以降、 午前7時までは再放送を流し、 24時間聴けるようにする。
足立理事長は、 「いろんな人にかかわってもらえる仕組みを考え、 何人の市民にかかわってもらえるかが勝負。 市内全域をカバーするには中継局が必要で、 その費用が課題。 協力者が増えるような実績をまず積みたい」 と話している。
運営協力者に関する問い合わせは、 同法人理事の川浦弘貴さん (090・6847・0356、 HP=http://www.tanba.info/)。

続き 丹波新聞 2014年03月06日