医原病をご存じだろうか?

おそらく知っている人は、皆無だろう。当然である。そもそも日本の医療関係者が「医原病」について語ることは、まずありえない。

報道は、完全無視。毎週、どこかのチャンネルで必ず放送している医療ドラマが「医原病」を題材で取り上げたことは一度だってない。知りようがないというのが実情だろう。
では、こう質問を変えよう。
全米第1位の死因は何か?
そう問われたら、たいていの人は、すぐさま「がん」を挙げるだろう。あとは心臓疾患、脳梗塞のいずれか。アメリカに限らず先進国では、疫病死や自然死が減って、がん、心臓疾患、脳梗塞が三大死因となる。それが一般的な「常識」であろう。そうして、私たちは偏されてきた。なぜなら全米1位の死因は「医原病」だからである。

最新のデータ(2004年アメリカ)によれば医原病による死者数は、年間78万3、936人。第2位の心臓疾患が69万9、697人、がん(悪性新生物)が55万3、251人で第3位となっている。この調査結果は決していい加減なものではなく、アメリカで30年以上のキャリアを持つニューヨーク州NPO法人「アメリカ栄養研究所」の創立者であるゲーリー・ヌル博士の調査によるものなのだ。

2000年にも権威あるアメリカ医師会ジャーナルで同様の内容が発表されている。こちらはジョンズーホプキンス大学(Johns Hopkins School of Hygiene and Pubulic Health)のバーバラースターフィールド医師が医原病による年間死者数を25万人相当と推計。この数値の場合でも全米第3位にランクインする。ジョンズーホプキンス大学は、アメリカ医学会の名門中の名門、いわば西洋医学の総本山が「医原病」をアメリカの三大死因と公式に認めているのだ。
アメリカで第1位、少なくとも第3位の死因ということは、日本を含めた先進諸国でも同様の結果となるはずだ。
にも拘らず、その「医原病」を、私たちは、意味はおろか、言葉すら聞いたことがなかった。驚くべき事実というか、恐るべき現実、そう嘆きたくなる。
医原病とは何か。ウィキベディアには、こう記してある。
「医療行為が原因で生ずる疾患のこと。医源病、医原性疾患も同義」

病院で治療を受けた結果、それが原因となって病状を悪化させて死亡したという意味となる。院内感染や投薬ミスなどの医療過誤、診断や処置を間違えるなどの医療ミス、医療関係者の技術的落ち度からくる医療事故、他にも薬害、医薬品の副作用、医療器具の不具合なども含まれる。
まどろっこしい言い方はやめよう。
アメリカ最大の死因は「医者」なのである。
(「第1章」より、続く)

第4章 日本医師会という闇
――戦後の日本医療占領政策の完遂
*日本の医療を「殺した」犯人 120
*西洋医療オンリーへの体制変更 123
*医師会のルーツは大日本帝国の軍医組織 125
*医師優遇税制の誕生と薬価差益 129
*日本医師会による日本医療占領 134
*肝炎ウイルスの蔓延の陰に覚せい剤 139
*インフルエンザワクチンは笑いが止まらない美味しいビジネス 142
*健康診断の義務化で医療被曝世界一 147
*医療被曝による細胞のがん化を知っていた武見太郎 151
*真の黒幕は誰だ? 155

第5章 医療マフィアの誕生
――― 薬害エイズの真実
*薬害エイズ事件の深い闇 160
*意図的に汚染された血液製剤 163
*日本側は“従犯”だった 167
*利用されたミドリ十字 171
*フォートーデトリックと731部隊の関係 174
*「悪魔の部隊」が生まれた背景 180
*731部隊が医療マフィアの傘下に入ることになった事件こそが薬害エイズ事件 186
(本書もくじより、続く)

出典: 『人殺し医療』ベンジャミン・フルフォード KKベストセラーズ

コメント:アメリカの医療の内情から、同じ根っこにつながる日本の医療の闇にもメスをいれている。
近頃、内海聡さんがこの種の本(『医学不要論』など)を相次いで出版している。彼は医者であるから相当な勇気をもって発言している。アマゾンなどで書評を読むと、賛同する人の方が多いが、いわゆる専門家と称する人らのバッシング書評が流れている。内海さんはそういうバッシングも折込済みで闇と戦っているからエライ。彼の挑発的ともいえる発言は、悲しいかな(医療にとってはありがたいかな)、現代医療を盲信している人があまりにも多いからだ。
多くの医師は良心的であると信じたい。しかし最近、こういう本が次々と世に出てくる背景にはやはり何か(人をまどわす魔力・洗脳・闇の力など?)があるわけだ。
医食同源という言葉があるが、むしろ食農が先で、食医同源というべきだろう。その観点から、現代医療を盲信している人にはとくにお薦めしたい本。