2040年、丹波市と篠山市の推計人口は・・・・

20年前と比較すると、この年齢層(35歳から39歳)の未婚者は、男性でほぼ倍、 女性は4倍ほどアップした。


人口減少
本紙丹波市版の前号1面トップ記事は、 山南地域の中学校統合に関連するものだった。 一方、 篠山市版の1面トップは、 多紀地区の3小学校統合に関するもの。 同じ日付の1面を飾ったのは、 いずれも学校統合の問題で、 丹波地域が直面している問題を浮き彫りにした。 学校統合の背景にある少子化である。 ▼本紙正月号で少子化問題を報じた。 その中で、 少子化の要因になっている未婚化の実態をデータで示した。 35歳から39歳の未婚者は2010年時点で、 男性は10人に3人、 女性は5人に1人近く。 同時点より20年前の1990年と比較すると、 この年齢層での未婚者は男性でほぼ倍、 女性は4倍ほどアップした。 少子化が進むのも道理である。 ▼少子化は人口減少に直結する。 これは丹波地域にとどまらず、 国内全体の問題だ。 少なからぬ識者の指摘によると、 人口減少社会は近代日本人にとって初めての経験であり、 日本は着実に 「未知の社会状況」 に向かって進んでいる。 ▼人口減少は経済を、 産業をどう変えるのか。 政治は、 教育は、 文化は、 地域はどうなるのか。 私たちの暮らしに希望は開けるのか。 ▼国立社会保障・人口問題研究所のデータによると、 丹波市と篠山市を合わせた推計人口は2040年、 約7万7700人に落ち込む。 26年後。 そう遠い日ではない。(Y)

丹波新聞(丹波春秋)
より 2014年02月09日

コメント:10年ほど前、丹波市は6町合併したばかりで、人口はおよそ7万5千人(隣の篠山市は4万5千人ほどか?)。その後、丹波市は毎年500~600人減っているようだから(篠山市も同様なのだろう)、推計で「2040年、 約7万7700人に落ち込む」というのは頷ける数字だ。その前に、両市の合併というのも十分考えられる?