子どもの96.9%が「日本が好き」

アンケート期間:2013/11/27~2013/12/03 回答者数:1626名
アンケート対象:小学1年生~高校3年生のお子さま

※百分比(%)は小数点第2位を四捨五入して表示した。四捨五入の結果、各々の項目の数値の和が100%とならない場合がある

2020年のオリンピック・パラリンピック開催地が東京に決まり、喜びに沸いた日本。開催は6年後の未来、その時自分はどこにいて何をしているのか、思いをはせるかたもいることでしょう。現在の子どもたちにとっては、社会人として見られる年齢にもなっているころです。
子どもたちはそんな未来をどのように思っているのでしょうか。
現在の日本や世界をどのように見ているのか、という視点から、時系列を追って未来の自分そして日本や世界をどのようにイメージしているのか、子どもたちの考えを追っていきたいと思います。

「今の日本」を冷静に見ている子どもたち。将来のイメージは「人並みの生活」

子どもたちの未来のイメージを聞く前に、その前提となっている現在の世の中を子どもたちがどう思っているのか、聞いてみました。
まず、今の日本についてどう思うか聞いてみたところ、「好き」と回答した子どもが96.9%にも上りました。また、その理由としては、オリンピック・パラリンピック選考でも有名になった「おもてなしの心」や「マナーのよさ」などの日本人の気質や、「四季がある」という気候・風土、食文化やポップカルチャーなど、さまざまな視点から意見が出てきています。
子どもたちが、いかに身近なさまざまな出来事の中で、「日本のよさ」を感じているかがうかがえます。

続き Benesse 教育情報サイト 

コメント:子供たちはきちんと日本(大人)の社会を見ているんだなぁと感心しますね。これなら日本の未来は明るい・・・・?

情報提供:知恵クリップ < http://chieclip.com/>
clipped by 神宮司信也< http://chieclip.com/userinfo.php?uid=5. >